アーカイブ

Kontanthjælp

Kontanthjælp(現金援助金)とは、デンマークの社会扶助制度(積極的社会政策に関する法律(Lov om aktiv socialpolitik))のこと。

参考文献:

  • 倉地真太郎(2014)「デンマークの社会扶助――現金援助金の給付水準決定方式と給付基準の変遷」山田篤裕・布川日佐史・『貧困研究』編集委員会 編『最低生活保障と社会扶助基準 先進8ヶ国における決定方式と参照目標』明石書店。(出版社のLINK日本経済新聞による紹介(2015/1/25))

Mogens Glistrup

Mogens Glistrup(モーン・グリストロップ)はデンマークの弁護士・政治家。1926年生まれ、2008年没。1970年代に活躍した反税運動の主導者。1972年に進歩党(Fremskridtspartiet)を創設し、党首に就任。1973年選挙で第二政党躍進の立役者になった。

Pia Kjærsgaard

ピア・ケアスゴー(Pia Merete Kjærsgaard)は、デンマークの政治家・元介護士。1947年生まれ。1984年初当選、1990年代初頭から進歩党党内で頭角をあらわす。進歩党 から離党後、1995年に デンマーク国民党 を創設した。2015年国政選挙以後、デンマーク国会の議長を務める。

スカンジナビア諸国

スカンジナビア諸国(スカンジナヴィア諸国)とは、北ヨーロッパのスカンジナビア半島周辺の地域の国々。スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランドを含む。アイスランドは含まない。

北欧諸国

デンマーク国民党

デンマーク国民党(Dansk Folkeparti)は1995年に創設されたデンマークの政党。進歩党 から離党した議員らによって創設された。移民排外主義的な政策を掲げる。近年、議席数の増加に伴って国政への影響力を増している。2015年国政選挙では第二党まで躍進。元党首の ピア・ケアスゴー は議長に就任した。

二元的所得税

二元的所得税 (Dual Income Tax)とは、労働所得には累進課税、資本所得には比例課税を課し、所得間の最低税率を統一する分離課税の一種。1980年代以降、 北欧諸国 で連鎖的に導入されていった。

参考:倉地真太郎(2014)「北欧諸国における租税政策の相互関係--デンマークとスウェーデンにおける二元的所得税の導入を事例として」(『「社会保障・税一体改革」後の日本財政』財政研究10巻、有斐閣。出版社のLINK)。

生活支援法

生活支援法(bistandsloven)とは、デンマークで1976年4月1日から施行された体系的な福祉法。生活支援法の導入によって、従来のカテゴリー別の給付が改められ、既存の福祉立法が一つの制度に一本化されることになった。その後、1998年に生活支援法は廃止となり、「積極的社会政策に関する法律」に引き継がれた。

訳は、デンマーク社会省、西沢秀夫訳(1996)『デンマーク生活支援法 : 社会的援護に関する法律』ビネバル出版。に従った。