教養演習(明治)

2020年度以降開講。通年。月曜4限。和泉キャンパス。

※ 授業用Twitterアカウント(@meijipf)を作成しました。連絡の補助ツールとして使用します。

演習テーマ:財政と社会(倉地真太郎)

教員の研究分野…財政学、地方財政論、財政の国際比較(インタビュー記事
募集人員…15名~20名前後(2020年度は19名)

春学期は文献輪読を中心に行います。秋学期は春学期での議論を踏まえて共同論文を執筆し『政経教養セミナー』に論文を投稿します。

輪読文献:井手英策・宇野重規・坂井豊貴・松沢裕作(2017)『大人のための社会科 — 未来を語るために』有斐閣などを予定。

トマ・ピケティ(2020)『不平等と再分配の経済学』明石書店


政経教養セミナー投稿  有 

2020年度はコロナ財政をテーマに税制、給付、金融、地方、教育のグループに分かれて論文を執筆しました。論文は『政経教養セミナー』(毎年10月頃発行)に所有される予定です。

履修希望者が20名を超える場合は初回授業に選抜を行います。初回授業には必ず出席してください。

◯リンク

【学生向け】オンライン授業マニュアル(明治大学HP)

自宅から使える電子資料(まとめページ・明治大学図書館HP)

◯資料(passあり)

レジュメフォーマット

◯履修に関する問い合わせ

mail@shintarokurachi.org