経歴・業績一覧

・氏名
倉地 真太郎(クラチ シンタロウ) Shintaro Kurachi
English

・所属
公益財団法人後藤・安田記念東京都市研究所

研究室のページ

・経歴
2007年3月 神奈川県立川和高等学校 卒業
2007年4月 慶應義塾大学経済学部 入学
2011年3月 慶應義塾大学経済学部 卒業
2011年4月 慶應義塾大学大学院経済学研究科 前期博士課程 入学
2013年3月 慶應義塾大学大学院経済学研究科 前期博士課程 修了
2013年4月 慶應義塾大学大学院経済学研究科 後期博士課程 入学
2016年3月 慶應義塾大学大学院経済学研究科 後期博士課程 単位取得退学
2016年4月~2017年3月 文部科学省 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「ユーラシアにおける「生態経済」の史的展開と発展戦略」学内研究者
2016年4月~2017年3月 慶應義塾大学経済学部 助教(有期)
2016年4月~ 高崎経済大学経済学部 非常勤講師
2017年4月~ 慶應義塾大学通信教育課程経済学部 非常勤講師(夏期スクーリング)
2017年4月~ 公益財団法人後藤・安田記念東京都市研究所 研究員

・その他の経歴(学会活動・研究活動等)
2018年4月~ 日本自治学会役員(幹事)
2017年9月~ 地方財政に関する調査研究会(地方公共団体金融機構主催)委員 (報告書URL
2017年4月~  厚生労働科学研究費補助金「我が国の貧困の状況に関する調査分析研究」研究協力者
2017年4月~  文部科学省 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「ユーラシアにおける「生態経済」の史的展開と発展戦略」学外研究者

・専門分野
財政学、地方財政論、財政の国際比較

・研究のキーワード
北欧諸国、デンマーク、租税論、所得税、租税協調、高福祉高負担、租税抵抗、納税者の反乱、普遍主義、最低生活保障、多文化共生、国と地方の協議の場

・研究テーマ
北欧諸国の高福祉高負担財政の形成・維持について

・所属学会
日本財政学会(Japan Institute of Public Finance)、日本地方財政学会(Japan Association of Local Public Finance)、日本自治学会環境経済・政策学会(Society for Environmental Economics and Policy Studies),日本社会学会北ヨーロッパ学会Social Science History Association

・研究業績  研究業績CV(2018/05/26更新) Google Scholarのプロフィール

・2018年の研究業績・学会報告

  • (書評)倉地真太郎(2018)「米国における5つの学校改革運動の系譜をたどる--日本の教育への示唆」(デイヴィッド・ラバリー著『教育依存社会アメリカ』)『都市問題』2018年12月号、pp.108-109。
  • 倉地真太郎(2018)「税源偏在是正の構図を読み解く」後藤・安田記念東京都市研究所『都市問題』2018年12月号、pp.65-74。
  • 倉地真太郎(2018)「埼玉県戸田市・千葉県印西市における「自治」の諸相(3)ーー財政分析」後藤・安田記念東京都市研究所『都市問題』2018年9月号、pp.87-103。
  • 倉地真太郎(2018)「北欧諸国のエネルギー税制 −デンマークの炭素税を中⼼に− 」環境経済・政策学会2018年度大会、上智大学、2018年9月8日(土)。
  • Kurachi,S.(2018)”Universalism and Tax Consent in Denmark” Gisela Huerlimann,W. Elliot Brownlee,Eisaku Ide eds. Worlds of Taxation The Political Economy of Taxing, Spending, and Redistribution Since 1945,pp.99-129, Palgrave Macmillan.
  • 倉地真太郎(2018)「デンマーク国民党による排外主義的福祉・税制―2004 年税制改革
    をめぐって―」北ヨーロッパ学会『北ヨーロッパ研究』第14巻、pp.1-11。
  • (書評)倉地真太郎(2018)「敗戦直後から現代までの貧困の「かたち」を辿るーー貧困の「現れ方」そして「現れなさ」」(岩田正美著『貧困の戦後史――貧困の「かたち」はどう変わったのか』)『都市問題』第109巻、第7号。
  • 倉地真太郎(2018)「デンマークにおける『納税者の反乱』の研究―地方税制に着目して―」『都市問題』第109巻、6月号、pp.91-105。
  • 倉地真太郎(2018)「デンマークの所得税制と児童手当――負担の公平性と課税方式の変化に着目して」四方理人ら編『収縮経済下の公共政策』慶應義塾大学出版会、pp.199-218。

・2017年の研究業績・学会報告

  • 倉地真太郎(2017)「日本における住宅セーフティーネットの課題―公的家賃補助を中心に」後藤・安田記念東京都市研究所 国際シンポジウム「東アジアの大都市における住宅問題」、2017年12月 9日(土)13:00~17:40、全国町村議員会館 1階第4会議室。
  • 倉地真太郎(2017)「多様な社会と北欧モデルは両立可能か?-デンマークの事例から」教室B「自由論題1―デンマーク福祉国家における社会的包摂」、北ヨーロッパ学会第15回記念大会、12月3日、早稲田大学11号館。
  • 倉地真太郎(2017)「徳島県那賀町における『自治』の諸相(7)――財政分析」『都市問題』第108巻、12月号、p.92-105。(Download
  • (書評)「身近な「スマホ」を糸口として、グローバル経済が直面する環境問題を解き明かす」『都市問題』第108巻 12月号、pp.106~107(吉田文和氏『スマートフォンの環境経済学』日本評論社)
  • (書評)「『平等な関係』を築いていくための条件とはーー『市民』をキー概念として」『都市問題』第108巻 7月号、pp.106~107(斎藤純一氏『不平等を考える――政治理論入門』筑摩書房)
  • 倉地真太郎(2017)「デンマークにおける環境関連税制の政策過程分析―炭素税に着目して―」慶應義塾大学経済研究所Discussion Paper シリーズ(ダウンロード先
  • 倉地真太郎(2017)「デンマークにおける児童手当と移転的基礎控除 —税制上のジェンダー平等化過程に着目して—」『生活経済政策』2017年4月号(No.243)pp.24-28。(生活経済政策データベース
  • 倉地真太郎(2017)「反税運動と移民排斥運動にみる福祉ショービニズム――デンマークにおける「租税同意」の歴史的経緯から考える」塩原良和 ・ 稲津秀樹 編著『社会的分断を越境する 他者と出会いなおす想像力』青弓社、pp.174~195。

・2016年の研究業績・学会報告

  • Kurachi,S. (2016) “Tax revolts and tax autonomy in Denmark and Japan”, Three Historical Analyses on Japan’s Fiscal Issues -Researches on Japan’s tax policy, intergovernmental fiscal relation and elderly care system– (Rikkyo Institute of Economic Research Discussion Paper Series), DP2016-E-1, pp.18-47.
  • 倉地真太郎(2016)「『納税者の反乱』の国際比較研究-デンマークとカリフォルニア州を事例として-」第73回日本財政学会、京都産業大学本山キャンパス、2016/10/22(土)報告。(報告プログラム)(プレゼン資料
  • Kurachi, S. (2016) “A Comparative Historical Analysis of the Tax Revolts in Denmark and Japan” EIJS Seminar “Three Historical Analyses on Japan’s Fiscal Issues” 14 September 2016, Stockholm.(program)  (Presentation pdf)
  • Kurachi, S.(2016) “A Comparative Historical Analysis of Tax Revolt and Social Service in Denmark and the U.S. State California” Business and Tax Policies, Policy History Conference, 2016, June 3.(プログラムpdf)
  • Kazuaki Sato, Yui Ohtsu, Shintaro Kurachi, Leo Shimamura, Yasuto Dobashi (2016)”An International Comparative Study of Financing Healthcare: The Case of Eight Developed Countries in 1990s- 2000s”Keio-IES Discussion Paper Series,DP2016-010.(download)
  • Kurachi, S. (2016) “The Process of Universalism in the Danish Welfare System: The multi-tiered need’s testing system in Denmark”, Keio-IES Discussion Paper Series,DP2016-006.(download)
  • 倉地真太郎・佐藤一光・島村玲雄(2016)「環境税は国際協調になぜ失敗したか? ―EU,北欧,オランダを事例に―」慶應義塾大学経済研究所DP2016-001(リンク先、本文pdf

・2015年の研究業績・学会報告

  • 倉地真太郎(2015)「デンマークにおける租税抵抗と地方所得税制-1970代初頭の『納税者の反乱』と地方政府の課税自主権に着目して」北ヨーロッパ学会第14回大会、愛知東邦大学(プログラムpdf)(プレゼン資料)。
  • 倉地真太郎(2015) 「比較財政における方法論的検討――財政社会学における国際比較――」日本財政学会第72回大会 中央大学(プログラムpdf)。
  • 倉地真太郎(2015)「移民と地方自治-デンマークの地方税と地方財政調整制度を事例として-」第88回日本社会学会 早稲田大学戸山キャンパス(プログラム)。
  • Kurachi, S. (2015)”The Process of Universalism in the Danish Welfare System” International Conference “Changing Fortune of the Fiscal State in Industrialized Democracies” at Odawara, July 31,2015.(プレゼン資料
  • 倉地真太郎(2015)「租税合意と移民統合-反税運動から移民排斥運動への変化に着目して-」日本地方財政学会、関東学院大学金沢八景キャンパス(プログラムpdf)。※学会動向「日本地方財政学会第23回大会」『財政と公共政策』 37(2), 64-67, 2015-10で本報告が紹介されています。(Ciniiリンク
  • 倉地真太郎(2015)「デンマークにおける課税自主権と協調的政府間関係-1980年代前半の『国と地方の協議の場』に着目して-」慶應義塾大学経済研究所,DP2015-004(本文pdf
  • 倉地真太郎(2015) 「比較財政における方法論的検討――財政社会学における国際比較――」、『三田学会雑誌』107巻4号、pp.571(27) -585(41)  。(塾内LANのみ閲覧可能

・2014年の研究業績・学会報告

  • Kurachi, S. (2014)“Danish Tax Politics  (How did Denmark confront its tax revolt?)” Social Science History Association Annual Meeting, Toronto, Tax Policy in Europe and the United States, November 6, 2014(プログラム).
  • 倉地真太郎(2014)「デンマークの社会扶助――現金援助金の給付水準決定方式と給付基準の変遷」山田篤裕・布川日佐史・『貧困研究』編集委員会 編『最低生活保障と社会扶助基準 先進8ヶ国における決定方式と参照目標』明石書店、pp.171-194。(出版社のLINK 日本経済新聞による紹介(2015/1/25))
  • 倉地真太郎(2014)「北欧諸国における租税政策の相互関係--デンマークとスウェーデンにおける二元的所得税の導入を事例として」(『「社会保障・税一体改革」後の日本財政』財政研究10巻、有斐閣、pp.143-162。出版社のLINK))。
  • 倉地真太郎(2014)「デンマークは『納税者の反乱』をどう克服したか -福祉サービスの分権化と租税抵抗の関係性に着目して-」日本財政学会第71回大会 中京大学名古屋キャンパス、2014年10月26日(プログラムのpdfプレゼン資料)。
  • 倉地真太郎・佐藤一光・島村玲雄(2014)「環境税は国際協調になぜ失敗したか」、環境経済・政策学会2014年大会、法政大学多摩キャンパス、9月14日午前9:30-(プログラムのURL)。
    倉地真太郎(2014)「デンマークの地方財政統制―財政危機下の『国と地方の協議の場』の議論を中心に―」、日本地方財政学会第22回大会 福島大学、2014年5月25日 13:00~(プログラムのpdf)(プレゼン資料
  • 倉地真太郎・古市将人(2014)「北欧諸国の財政運営--デンマークとスウェーデンを中心に」、小西砂千夫編『日本財政の現代史Ⅲ』、有斐閣、pp.265-285。出版社のLINK

・2013年の研究業績・学会報告

  • 倉地真太郎(2013)「北欧諸国における租税政策の相互関係 : デンマークと・スウェーデンの二元的所得税の導入を事例として」(修士論文)OPACのLINK
  • 倉地真太郎(2013)「デンマークにおける最低生活保障」『貧困研究』 vol.10、明石書店、25-29頁。出版社のLINKCinii
  • 倉地真太郎(2013)「財政再建下におけるデンマークの予算協調制度」、『生活経済政策』 2013年12月号(No.203)、27-33頁。出版社のLINKCinii
  • 佐藤一光・大津唯・倉地真太郎・島村玲雄・土橋康人(2013)「医療政策の国際比較」 日本財政学会第70回大会 慶應義塾大学三田キャンパス、2013年10月5日。(プログラムのpdf
  • 倉地真太郎(2013)「北欧諸国における租税政策における相互関係」日本財政学会第70大会 慶應義塾大学三田キャンパス、2013年10月5日(プログラムのpdf)( ダウンロードpdf

・競争的資金

・研究プロジェクト(共同)

・その他の活動(寄稿、講演、出張講義、研究会報告等)

  • 「デンマーク出張調査報告」国立社会保障・人口問題研究所、平成30年度厚生労働省科研 研究班会議、2018/08/08。
  • 「北欧諸国の環境税制―炭素税の比較分析―」環境税研究会(2017/12/16、市政会館5階・第二会議室)
  • 「Q&Aで学ぶ 地方財政の基礎知識」『週刊エコノミスト』特集:やりくり上手はあの自治体、2017年11月21日号、pp.24-25。
  • 「デンマーク 8割が自主財源の地方財政」『週刊エコノミスト』特集:やりくり上手はあの自治体、2017年11月21日号、pp.38-39。
  • 「デンマークの住宅政策ー住宅手当を中心にー」国立社会保障・人口問題研究所、平成29年度貧困科研 第3回研究班会議、2017/10/06報告。
  • 「環境税における租税抵抗と国際協調―国際比較のためのフレームワーク―」環境税研究会(2017/08/18、市政会館5階・第二会議室)( 報告資料
  • 模擬国連会議全米大会日本代表団派遣事業運営局主催、2017年度模擬国連全米団政策発表会(2017/03/11、青山学院大学17号館17511教室)、ゲストコメンテーターとして参加。
  • 「デンマーク税制の政策研究-環境税に着目して-」生態経済ミニカンファレンス、慶應義塾大学三田キャンパス325b、2017/02/20( プレゼンのpdf)。
  • “The Danish Welfare System since 1970s” ,Yokohama National University,
  • 「『財政学』から子育てを考える」出張講義、豊島岡女子高等学校、2016年12月19日。( プレゼン資料
  • 「デンマークにおける環境税の政策過程」生態経済研究会、G-SECセミナールーム、2016年11月10日( プレゼン資料
  • 経済学から格差社会を考える」出張講義、神奈川県立希望が丘高等学校、2016年7月14日。
  • ”The Process of Universalism in the Danish Welfare System-Multi-tiered Structure of Needs under Tax Revolt-”、政府間財政関係研究会、慶應義塾大学三田キャンパス南館4階ミーティングルーム、2015年12月9日 18:30-。
  • 「比較財政における方法論的検討―財政社会学における国際比較―」、既存財政学及び公共経済批判研究会、慶應義塾大学三田キャンパス、2015/10/10報告。
  • 「租税合意と移民統合-デンマークにおける反税運動から移民排斥運動への変化に着目して-」、政府間財政関係研究会、慶応義塾大学三田キャンパス南館4階ミーティングルーム、2015/02/26報告。
  • 「デンマークの社会保障制度に関する報告」、国立社会保障・人口問題研究所、2014/09/25報告。
  • 「座談会:フランス、オランダ、デンマーク、韓国の制度・政策に日本が学ぶもの」『貧困研究』Vo.10、2013年6月号、明石書店。
  • 「デンマークの『納税者の反乱』と移民問題に関する考察」、第三回「越境社会」研究会、慶應義塾大学三田キャンパス大学院校舎312教室(16:30-18:00)、2014年7月20日報告予定
  • 「北欧諸国における租税政策の相互関係」ネットワーク2000政府間財政関係分科会、2013年8月報告、慶應義塾大学三田キャンパス北館会議室3
  • 「北欧諸国財政の相互関係~1980年代における共同経済政策の試みと北欧協力の挫折~」ネットワーク2000総会、2012年3月31日報告、慶応義塾大学三田キャンパス、大学院棟325B教室

・研究会

「越境社会」研究会
財政学の新研究会

・連絡先

mail[ at ]shintarokurachi.org
([ at ]を@に直してください)

Copyright © 倉地 真太郎 (Shintaro Kurachi) Website
公開日: 2015/11/10