ゼミナール(明治・倉地ゼミ)

◆ ゼミナールの専門・研究テーマ
財政学・財政から社会を読み解く。都市と地方を繋ぐ。

2022/09/25 ゼミHPを更新しました。

研究分野…財政学、地方財政論(税制・社会保障の国際比較、自治体の財政分析)
募集人数…15-20名程度 ※2023年度は最大20名まで
学科指定…無し(政治学科、地域行政学科の方も歓迎します)
関連パッケージ…e 財政・金融系、g 公行政系、h 地域コミュニティ系
関連科目…自治体経営論、地方財政論、財政学、財政政策

◆倉地ゼミに関する記事

◆教員の専門について

◆夢ナビ公開講座

 身上書について

倉地ゼミ身上書・課題2023年度(独自フォーマット)公開予定

 個別説明会について

  • 10月13日(木)お昼休み
  • 10月14日(金)お昼休み
  • 10月17日(月)お昼休み

※ZOOMでもリアルタイム配信します。ZOOMのURLはOh-o!Meijiから確認することができます。

 オープンゼミについて

2022年10月26日(水)4・5限にディスカッション大会を開催します。

4限:ベーシックインカムの是非/5限:税源偏在是正問題 ※途中入退室自由

※ZOOMでもリアルタイム配信します。

◆ ゼミナール発表会のテーマ

  • 2022年度は大阪市財政を事例に現地ヒアリング調査を進めています。調査結果は『政経セミナー』や政経セミナー発表会で公開する予定です。
  • 2021年度は愛知県財政を事例に「地方経済のエンジン-愛知県財政の持続可能性を考えるー」というタイトルで研究発表を行います。地方財政班、国際比較班、IR班、育休班の4班に分かれて発表を行いました。

◆ インゼミについて

インゼミでは各大学のゼミが複数のグループに分かれて論文を執筆し、それをもとにディスカッション大会を開きます。

◆ ゼミSNS・ブログについて (学生が運営しています)

◆ 卒論テーマについて

2021年度テーマ

日本版シュタクベルケと自治体の研究/GAFAと税制の研究/地方議員報酬の研究/自治体広報アニメの研究/オリンピック財政の研究/地方公会計制度の研究/体育会のニーズと意義に関する研究/自治体SNSの運用・行政に関する研究/東日本大震災被災地自治体の財政の研究/ベッドタウン自治体財政の研究/文化財と自治体財政の研究/海外のテーマパークと経済の研究/公営ギャンブルとIRの研究/環境税の研究/子供の貧困と支援策の研究/教育格差の研究/仮想通貨と税制の研究/発展途上国財政の研究/ライフプランと地域間格差の研究 など

画像

2020年度テーマ

税の負担感に関する研究/財政再建の研究ー日本と米国の比較ー/東京一極集中・地方創生に関する研究/テーマパークと地方財政に関する研究/映画産業と政府支援のあり方に関する研究/ヒップホップの歴史と米国・日本の経済・財政に関する研究/江戸時代の財政の研究/コロナ禍における租税正義をめぐる研究/持続可能な教育行財政の国際比較(日本とスウェーデン)研究/ひきこもり自立支援政策の財政学的分析など

・12月末に星野・小野島・倉地ゼミ合同で卒業論文発表会を実施する予定です。

◆ 年間スケジュール(2022年度)

  • 2〜3月 プレゼミ開始(『財政学の扉をひらく』(有斐閣)を輪読)
  • 4〜6月 ゼミ開始 文献輪読(岩田正美『生活保護解体論』岩波書店、マーク・ロビンソン『政府は巨大化する』日本経済新聞出版社(Bigger Government: The Future of Government Expenditure in Advanced Economies))
  • 9月 大阪市ヒアリング現地調査(9月13〜15日合宿)
  • 10月中頃 個別ゼミ説明会
  • 10月26日 オープンゼミナール
  • 10月23日 ゼミナール発表会
  • 12月10日 東京経済大学・専修大学・茨城大学合同インゼミ大会
  • 12月11日 埼玉大学・立教大学合同インゼミ大会
  • 12月17日 星野小野島倉地ゼミ合同卒論発表会
  • 12月後半 ゼミ内球技大会

◆ 年間スケジュール(2021年度)

  • 2~3月 プレゼミ開始(『財政学の扉をひらく』(有斐閣)を輪読
  • 4月~6月 ゼミ開始 文献輪読宮崎雅人『地域衰退』香取照幸『民主主義のための社会保障』鈴木亘『社会保障と財政の危機』/Amory Gethin,Clara Martínez-Toledano &Thomas Piketty (2021) “Brahmin Left versus Merchant Right: Changing Political Cleavages in 21 Western Democracies, 1948-2020″)・ディスカッション(ベーシックインカム、消費税増税、財政再建、年金財政方式、医療保険の税方式化、文化施設の意義、税源偏在是正問題など
  • 7月末ラストゼミ ビンゴ大
  • 8~9月 ヒアリング調査(ZOOMやメール)横浜商工会議所、横浜市役所、千葉市役所、名古屋市役所の皆様にご協力頂きました。ありがとうございました。
  • 10月後半 個別説明会・政経セミナー発表
  • 10月27日 オープンゼミナール(4・5限でディスカッション大会を実施します)
  • 12月11日 専修岩手東経茨城大学合同インゼミディスカッション大会
  • 12月19日 埼玉・立教大学合同インゼミディスカッション大会
  • 12月末 星野・小野島ゼミ合同卒論発表会
  • 1月中頃 卒論構想発表会

◆2019−2021年度輪読文献

◆  お問い合わせ

mail[@]shintarokurachi.org

※入ゼミ関連については入ゼミ用連絡先(ゼミSNS等)にご連絡ください。