論文」カテゴリーアーカイブ

『地方財務』2023年1月号に寄稿しました(2023年1月5日)

『地方財務』2023年1月号「”地方行財政”2022年の三大ニュースと2023年の展望」に寄稿しました。

倉地真太郎「行政ニーズの多様化と新たな危機への対応が課題」

ご笑覧いただければ幸いです。今年もよろしくお願いします。

https://shop.gyosei.jp/products/detail/111

『都市問題』2022年12月号企画「地方財政の自治を求めて」

都市問題』2022年12月号(後藤・安田記念東京都市研究所)の特集「地方財政の自治を求めて」で論考「地方財政の『難点』ー制度理解とコミュニケーションー」を執筆しました。他の先生方のご論考も合わせてお読みいただければ幸いです。

【特集1 地方財政の自治を求めて】
地方財政の「難点」――制度理解とコミュニケーション /倉地真太郎
地方財政における統治と自治の相克――美濃部都政における財政戦争を題材に /高橋涼太朗
地域経済構造と地方自治の担い手不足についての一考察
――内発的発展論を手掛かりに /江成 穣
民主主義を救う地方自治を目指して――現在のアメリカからみる地方自治の問題 /早崎成都
直接民主主義では駄目なのか?
――自治と財政民主主義の形骸化に対するスイスの直接民主主義の示唆 /掛貝祐太

https://www.timr.or.jp/news/2022/11/post-240.html

https://www.timr.or.jp/cgi-bin/toshi_db.cgi?mode=saisin

日本財政学会企画セッションの告知(2022年10月8日)

2022年10月8−9日に開催される日本財政学会第79回大会@東洋大学白山キャンパスの企画セッション:「移民の財政学的検討ー国際比較ー」に登壇します。

「都市の移民ニーズと財政調整制度ーデンマークのオペアをめぐる「論争」」

詳細は以下のHPをご覧ください。

日本財政学会第79回大会HP

http://www.gakkai.ne.jp/jipf/convention/79/

連載のお知らせ(2022年9月)

生活経済政策研究所『生活経済政策』での連載第六回目(最終回)の記事が公刊されました。

  • (連載)「教育財政と民主主義」「連載 デンマークの連帯を支える仕組み」『生活経済政策』2022年9月号(No.308)。

ご笑覧頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いします。

論壇掲載のお知らせ(2022年7月11日)

『週刊社会保障』(法研)2022年7月11日号の論壇コーナーに寄稿しました。ご笑覧いただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします。

  • 倉地真太郎(2022)「論壇:北欧諸国財政・福祉国家が直面するリスクと課題―課題先進国としてデンマークをみる―」『週刊社会保障』2022年7月11日号(No.3177)。

論文公刊のお知らせ(2022年4月2日)

2021年日本地方財政学会企画セッション「移民の財政学的検討ー理論、制度、自治体ー」で発表した論文を改定の上、『立教経済学研究』(立教大学経済学部)第75号で公刊しました。ご覧いただければ幸いです。

  • 髙橋涼太朗・倉地真太郎(2022)「『移民政策』なき教育財政ー外国につながる住民に向けた地方財政制度の視点からー」『立教経済学研究』第75巻第4号、pp.31-37。

近日中に以下のURLから本文PDFをダウンロードできます。また、後日機関リポジトリニにも登録される予定です。

https://economics.rikkyo.ac.jp/research/paper/index.html

共著が公刊されました(2022年2月)

2022年2月に日本評論社より、共著(1章分を担当)が公刊されました。

ご笑覧いただければ幸いです。

倉地真太郎(2022)「EUの都市問題とエネルギー戦略/倉地真太郎――デンマーク・コペンハーゲンを事例に」穆尭芊・新井洋史 編著『大国のなかの地域経済アメリカ・中国・日本・EU・ロシア』日本評論社。(ERINA北東アジア研究叢書11)

の画像の画像

https://www.nippyo.co.jp/shop/book/8730.html

公刊のお知らせ(2022年1月)

2つの文章が公刊されました。本年もどうぞよろしくお願いします。

  • 倉地真太郎(2022)「北欧諸国におけるグリーンニューディールの現在地―デンマーク・コペンハーゲンのエネルギー政策―」後藤・安田記念東京都市研究所『都市問題』2022年1月号、第112巻、第1号、pp.27-32。

※『都市問題』(後藤・安田記念東京都市研究所)2022年1月号の特集1「『都市』のグリーン・ニューディール」に寄稿させていただきました。今回は企画立案にも携わらせていただきました。

https://www.timr.or.jp/news/2021/12/post-219.html

※連載エッセイ4回目が『生活経済政策』2022年1月号(No.300)に掲載されました。今回は「イノベーション」がテーマです。

http://www.seikatsuken.or.jp/monthly/index.html

『財政研究』掲載の論文がJ-stageに公開(2021年10月26日)

日本財政学会編『財政研究』2014年10巻に所有されている拙稿がJ-stageに掲載されました。

倉地真太郎「北欧諸国における租税政策の相互関係―デンマークとスウェーデンにおける二元的所得税の導入を事例として」

https://www.jstage.jst.go.jp/article/pfsjipf/10/0/10_143/_article/-char/ja

どうぞよろしくお願い致します。