アーカイブ

Kontanthjælp

Kontanthjælp(現金援助金)とは、デンマークの社会扶助制度(積極的社会政策に関する法律(Lov om aktiv socialpolitik))のこと。

参考文献:

  • 倉地真太郎(2014)「デンマークの社会扶助――現金援助金の給付水準決定方式と給付基準の変遷」山田篤裕・布川日佐史・『貧困研究』編集委員会 編『最低生活保障と社会扶助基準 先進8ヶ国における決定方式と参照目標』明石書店。(出版社のLINK日本経済新聞による紹介(2015/1/25))

Mogens Glistrup

Mogens Glistrup(モーン・グリストロップ)はデンマークの弁護士・政治家。1926年生まれ、2008年没。1970年代に活躍した反税運動の主導者。1972年に進歩党(Fremskridtspartiet)を創設し、党首に就任。1973年選挙で第二政党躍進の立役者になった。

Pia Kjærsgaard

ピア・ケアスゴー(Pia Merete Kjærsgaard)は、デンマークの政治家・元介護士。1947年生まれ。1984年初当選、1990年代初頭から進歩党党内で頭角をあらわす。進歩党 から離党後、1995年に デンマーク国民党 を創設した。2015年国政選挙以後、デンマーク国会の議長を務める。

デンマーク国民党

デンマーク国民党(Dansk Folkeparti)は1995年に創設されたデンマークの政党。進歩党 から離党した議員らによって創設された。移民排外主義的な政策を掲げる。近年、議席数の増加に伴って国政への影響力を増している。2015年国政選挙では第二党まで躍進。元党首の ピア・ケアスゴー は議長に就任した。

移転的基礎控除

移転的基礎控除とは、夫婦それぞれが基礎控除を持ち、配偶者の未使用分の基礎控除を夫婦間で自由に移転できる制度。1987年に デンマーク で導入された。

→倉地真太郎(2017)「デンマークにおける児童手当と移転的基礎控除 —税制上のジェンダー平等化過程に着目して—」『生活経済政策』2017年4月号(No.243)pp.24-28。

進歩党

進歩党(Fremskridtspartiet : Progress Party)は、デンマークの政党。反税政党。1972年8月22日に Mogen Glistrup によって創設された。所得税廃止をスローガンに全国で草の根運動を展開した。1973年12月国政選挙ではブルーカラーの支持を受けて、第二政党まで躍進した。これ以降、デンマーク国政は少数与党政権が常態化することになった。