お知らせ」カテゴリーアーカイブ

書評掲載のお知らせ(2021年8月1日)

生活経済政策研究所『生活経済政策』2021年8月号(No.295)で書評を執筆させて頂きました。

福田直人著 『ドイツ社会国家における「新自由主義」の諸相 — 赤緑連立政権による財政・社会政策の再編』/倉地真太郎

http://www.seikatsuken.or.jp/monthly/index.html

どうぞよろしくお願い致します。

講演会のお知らせ(2021年8月22日)

2021年8月22日(日)15時からZOOM講演会でお話させていただきます。

「北欧モデルから考える『持続可能性』―デンマークの社会保障財政を手がかりに―」

申込は以下のHPをご参照ください。どうぞよろしくお願いします。

8/22 コロナ危機から考えるOn-line学習会「北欧モデルから考える『持続可能性』―デンマークの社会保障財政を手がかりに―」

ワークショップのお知らせ(2021年7月14日)

先日の日本地方財政学会企画セッションで報告した内容を、立教大学経済学部ワークショップで改めて報告します。学外者も申し込みの上参加できます。詳細はHPをご覧ください。

第4回 ワークショップ
日時:2021年7月14日(水)17:30~20:00
会場:Zoom双方向会議
報告:
1.掛貝 祐太氏(茨城大学専任講師)・早崎成都氏(慶應義塾大学大学院)

「財政学はなぜ移民を論じるべきなのか?—隣接領域における議論の限界を踏まえて」
2.髙橋 涼太朗氏(慶應義塾大学助教)・倉地真太郎氏(明治大学専任講師/本学部兼任講師) 
「移民政策なき自治体補助金行政—地方財政制度の視点から」
3.谷 達彦氏(東北学院大学准教授/元本学部助教)・関根未来(本学経済学研究科博士課程3年)
「外国人児童生徒に対する地方自治体の教育支援—愛知県豊橋市の事例を中心に」
報告テーマ:「移民の財政学的検討-理論・制度・自治体」
概要:国家の財政制度・政策にはそれぞれ特徴があり,その多様性の根拠及び持続可能性は大きな研究テーマである。そのなかで,今回のワークショップでは,日本における移民(外国人住民)への対応,すなわち経済活動・社会生活の保障に関する政策の現状と今後の課題について論じてみたい。
第1報告では,移民政策をめぐる理論について,これまでの議論の限界と財政学が論じるべき課題を明らかにする。日本においても,居住外国人が増大するにつれて,多文化共生の推進が唱えられるようになっている。また,人口減少への対応策として外国人住民を積極的に位置づける議論もみられる。そこで,第2報告では日本の地方財政制度による対応を,第3報告では自治体の具体的な施策の現状と課題を論じる。
プログラム:
司会・趣旨説明 池上 岳彦(本学経済学部教授)
報 告 17:35~18:50
質疑応答・討論  19:00~20:00(最長)

https://economics.rikkyo.ac.jp/research/laboratory/index.html

論考を寄稿しました(2021年6月1日)

生活協同組合研究』(生協総合研究所、2021年6月号 Vol.545)の特集「住宅をめぐる問題と支え合いの住まいづくり」に寄稿させて頂きました。デンマークの社会住宅に焦点を当て、『日本の居住保障』で書ききれなかった論点について検討しました。ご笑覧頂ければ幸いです。

倉地真太郎(2021)「デンマークの「みんなの家」とは何か?──社会住宅の意義と課題に着目して──」生協総合研究所『生活協同組合研究』2021年6月号 Vol.545。

連載のお知らせ(2021年4月27日)

生活経済政策研究所『生活経済政策』で連載「デンマークの連帯を支える仕組み」を連載していますが、この度第二回目が掲載されました。『生活経済政策』2021年5月号です。ご笑覧頂ければ幸いです。

「オペア(Au pair)をめぐる「論争」ージェンダー、移民、地方財政ー」「連載 デンマークの連帯を支える仕組み」『生活経済政策』2021年5月号、No.292、pp.32-33。

『週刊社会保障』2021年4月5日寄稿のお知らせ

『週刊社会保障』2021年4月5日号の論壇コーナーに寄稿しました。デンマークのベーシックインカム論争の歴史を振り返えるという内容です。ご笑覧いただければ幸いです。

(論壇)「ベーシックインカム論争を再考する―デンマークで最低所得保障はどう構想されたのか―」『週刊社会保障』Vol.75,No.3115,2021年4月5日号。

https://www.sociohealth.co.jp/magazines/hosyo.html

連載のお知らせ(2020年12月26日)

『生活経済政策』(生活経済政策研究所)で連載を担当することになりました。テーマは「連載 デンマークの連帯を支える仕組み」というもので、2021年1月号から2年間全6回担当させていただきます。ご笑覧いただければ幸いです。今年もお世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いします。

第1回「コロナ禍の財政からみえるもの」「連載 デンマークの連帯を支える仕組み」『生活経済政策』2021年1月号、No.288、pp.32-33。

http://www.seikatsuken.or.jp/monthly/index.html

学会報告のお知らせ(2020年11月17日)

2020年11月17日、北ヨーロッパ学会(オンライン大会)で研究報告(【政治・経済合同分科会】リスク・不確実性と北欧社会経済)をします。非会員の方も参加可能です(有料)。大会の詳細は学会HPをご覧いただければ幸いです。

xxxxxxxx
2020年11月7日 北ヨーロッパ学会研究大会―共通論題 北欧の環境政策
日時 2020年11月7日(土)
会場 Zoom オンライン開催(高崎経済大学担当)
【共通論題】「自治体におけるSDGs(環境関連)の推進と目標達成に向けたシナリオ」
【政治・経済合同分科会】リスク・不確実性と北欧社会経済
【自由論題 A】歴史からみる北欧
【自由論題 B】現代の北欧社会
※非会員も申込み可(有料)
申込み・問い合わせは北ヨーロッパ学会ホームページにて
http://www.janes.gr.jp/
xxxxxxxx

拙稿が機関リポジトリで公開されました(2020年10月)

『都市問題』2019年12月号に掲載された拙稿「デンマークにおける地方税、政府間協議制度、課税自主権に関する研究 -分権的システムの再検討のために-」が明治大学の機関リポジトリで読めるようになりました(もちろん『都市問題』編集部に許可を得ています)。ご笑覧頂ければ幸いです。

https://m-repo.lib.meiji.ac.jp/dspace/handle/10291/21149

『都市問題』で論考を発表しました(2020年9月)

後藤・安田記念東京都市研究所発行、月刊誌『都市問題』2020年9月号が公刊されました。「特集1コロナ対策の財源と財政」で「国際比較からみたコロナ禍の財源論」というテーマで執筆させて頂きました。ご笑覧いただければ幸いです。

https://www.timr.or.jp/news/2020/08/post-203.html