2018年の研究業績・学会報告